認定講習・研修

阿岸ゼミナール 実践編

実践ゼミナール<体験しながら学ぶ>:体系的な健康保養地医学を体験しながら学ぶ

semi001

【実践ゼミナールの講習概要】

  • 健康保養地医学、理論の各論
  • 温泉療法(バルネオテラピー)、海洋療法(タラソテラピー)、気候療法、地形療法、森林療法、その他について

 

【実践ゼミナールの開催日時について】

  • 開催日:2010年度 年4回を予定(2010年度の日程は確定次第発表予定です)
    ※一部、変更する場合がございます。詳しくはお問合せください。
    ※実践ゼミナールの終了時間は多少前後することがございます。


このページの先頭へ

阿岸ゼミナール 実践編 のスケジュール

今後の予定

2018年9月11日(火) 13:00~17:00 第5回

(基調講師)阿岸祐幸:

NCHR Medicineはなぜ効くか(生体リズム・環境適応効果)

(特別講師)Serbulea Mihaela先生(国際自然療法研究家):

ルーマニアの自然療法

2018年10月9日(火) 13:00~17:00 第6回

(基調講師)阿岸祐幸:

NCHRの現代的意義

(特別講師)阿岸鉄三先生(東京女子医科大学 名誉教授):

統合医療とは何か・医療気功

これまでの<阿岸ゼミナール(座学)>履歴

2018年7月10日(木) 13:00~17:00 第4回

(基調講師)阿岸祐幸:

気候因子の生体作用と気候療法

(特別講師)金山ひとみ先生(福井大学医学部 助教):

気候療法と地形療法

2018年6月12日(火) 13:00~17:00 第3回

(基調講師)阿岸祐幸:

温泉浴・吸入・泥浴の生体作用と臨床応用

(特別講師)飯島裕一先生(信濃毎日新聞編集委員):

温泉の神秘

2018年5月8日(火) 13:00~17:00 第2回

(基調講師)阿岸祐幸:

温泉水と療養泉

(特別講師)林真一郎先生(グリーンフラスコ代表):

自然療法とフィトセラピー

2018年4月10日(火) 13:00~17:00 第1回

(基調講師)阿岸祐幸:

Natural Capital Health Resort(NCHR自然資源を活用したヘルスリゾート)の基礎概念と温泉・気候療法

(特別講師)森本兼曩先生(産業医学研究財団 常務理事):

自然共生的なライフスタイルと健康価値想像:森林自然医学と未病予防学

2010年3月18日(木) 19:00~21:00 第25回

温泉の現状についての私見と将来像

2010年2月19日(金) 19:00~21:30 第24回

ヨーロッパ・ヘルスリゾートの最新情報(2)

現地から見た日本温泉考

2010年1月29日(金) 19:00~21:30 第23回

ヨーロッパ・ヘルスリゾートの最新情報(1)

2009年12月18日(金) 19:00~21:30 第22回

新しい健康保養地をめざして

~ヨーロッパに学ぶ~

2009年11月19日(木) 19:00~21:30 第21回 ドイツの保養地療法
2009年10月15日(木) 19:00~21:30 第19回
(後半)
第20回
欧州におけるヘルスリゾートの最近事情(2)
2009年10月15日(木) 19:00~21:30 第19回
(後半)
第20回
欧州におけるヘルスリゾートの最近事情(2)
2009年9月24日(木) 19:00~21:30 第18回
第19回
(前半)
欧州におけるヘルスリゾートの最近事情(1)
2009年5月21日(木) 19:00~21:00 第17回 放射能泉
2009年4月16日(木) 19:00~21:00 第16回 発汗浴 蒸し風呂・岩盤浴
2009年3月19日(木) 19:00~21:00 第15回 泥療法
2009年2月19日(木) 19:00~21:00 第14回 温泉・入浴の心理反応(2)
2009年1月22日(木) 19:00~21:00 第13回 温泉・入浴の心理反応(1)
2008年12月20日(土) 15:00~17:00 第12回 健康保養治療法のまとめ
2008年11月28日(金) 19:00~20:30 第11回 温泉療法(3)入浴の生理
2008年10月31日(金) 19:00~20:30 第10回 温泉療法(2)水の性質
2008年9月26日(金) 19:00~20:30 第9回 温泉療法(1)皮膚の役割
2008年8月29日(金) 19:00~20:30 第8回 気候療法(4)タラソテラピー・海洋療法②
2008年8月8日(金) 19:00~20:30 第7回 気候療法(3)タラソテラピー・海洋療法①
2008年7月11日(金) 19:00~20:30 第6回 [A]特別報告 ヨーロッパと世界におけるBalneotherapyの現状
[B] レクチャー 気候療法(2)地形療法
2008年5月30日(金) 19:00~20:30 第5回 生気象学と気候療法(1)森林環境と地形療法
2008年4月25日(金) 19:00~20:30 第4回 健康保養地療法と生体リズム(3)サーカセプタンリズム
2008年3月28日(金) 19:00~20:30 第3回 健康保養地療法と生体リズム(2)反応性リズム
2008年2月29日(金) 19:00~20:30 第2回 健康保養地療法と生体リズム(1)
2008年1月31日(水) 19:00~20:30 第1回 健康保養地医学の基礎概念


このページの先頭へ

気候療法士 育成講習

<気候療法士 育成講習>:気候療法士の資格を取得する

 【気候療法士 資格の種類】

 [気候療法士リーダー(ベーシックレベル)] 

  自然療法である気候療法の知識、実技を習得し、自らが実践できるとともに、

  アドバイザーの補助を行い、指導助手を務めることができます。

   こんな方におすすめ!

    ● 気候療法の基礎を勉強したいと思っている方

    ● 自然環境を活用した健康づくり、健康保養地に興味のある全ての方

   受講資格

    ● 16歳以上の健康な方

 

 [気候療法士インストラクター(指導者レベル)]

  自然療法である気候療法の知識、実技を習得し、自らが実践できるとともに、

  一般の方への指導、助言、アドバイスを行うことができます。

   こんな方におすすめ!

    ● 自らが気候療法を実践できるとともに、健康づくり業務に従事しながら、

      気候療法を広めてゆきたいと思っている方

    ● 気候療法を実践し、一般の方に助言・指導をしたい方

    ● 運動指導、保健医療に従事し、健康増進施設やクリニックに

      気候療法の活用を検討している方

   受講資格

    ● 16歳以上の健康な方

 

【気候療法士の講習概要】

  • 気候療法(気候療法概論、気候療法の生理)
  • 運動と健康(総論、運動生理)
  • 温泉と健康(温泉療法)
  • 地域学(総論、自然環境、歴史と文化)
  • 健康保養地とは(ドイツのクアオルト学、健康保養地の基礎、健康保養地概論)
  • 気候療法実技 など


このページの先頭へ

特別講座

【特別講座の開催】

各論を専門分野の講師より学びます。

  • 2010年8月 フランクフルト大学 教授(医学博士) ファルケンバッハ先生の特別講座開催予定
    ※ファルケンバッハ先生は、現在、オーストリア温泉医学年金病院の院長でもいらっしゃいます。


このページの先頭へ

国内及び海外における研修会

 

 

【ドイツ 気候療法士研修会等の実施】

  • 2010年6月 第四回 ドイツ気候療法士研修会 基礎コース開催予定
    (ドイツ・ガルミッシュパルテンキルヘンにて)
  • 2009年10月 第三回 ドイツ気候療法士研修会 基礎コース開催
    (ドイツ・ガルミッシュパルテンキルヘンにて)
  • 2007年10月 第二回 ドイツ気候療法士研修会 応用コース開催
    (ドイツ・ガルミッシュパルテンキルヘンにて)
  • 2007年7月  第一回 ドイツ気候療法士研修会 基礎コース開催
    (ドイツ・ガルミッシュパルテンキルヘンにて)

 

【国内 気候療法士研修会等の実施】

  • 2010年10月    第二回 国内 気候療法士リーダー研修会 開催予定
    (和歌山県熊野古道にて)
  • 2009年9月19日(土)~20日(日)  第一回 国内 気候療法士リーダー研修会 開催
    (山形県上山市にて)


このページの先頭へ

その他

【後援・協力】

  • 2010年3月13日(土) 地元を楽しもう 知って得する健康術 ~温泉とウォーキングと私~ 
    (山形県上山市にて実施)
  • 2009年9月26日(土)~9月27日(日) 蔵王上山気候性地形療法全国サミット 
    (山形県上山市にて実施)
  • 2009年3月15日(日)~3月16日(月) 蔵王上山気候・地形療法シンポジウム 
    (山形県上山市にて実施)


このページの先頭へ

活動への参加・ご入会について

1) 対象:

本機構の趣旨に賛同し、セミナーの聴講を希望される方で以下の条件を満たす方は、ご参加いただくことが可能です。

 

2) 会員の種類:

【1】正会員
【2】準会員(個人・法人)
【3】その他

実践ゼミナールの受講は、ビジターとして、ご興味のある回のみに、ご参加いただくことも可能です。その場合は、その都度のお申込みとなります。

 

3) 参加できる活動:

【1】正会員

 

【2】準会員(個人・法人)

 

【3】その他

 

4) ご入会について:

【1】正会員

・正会員は、総会における議決権を有します。

・元「健康保養地医学研究会」会員の方は、そのまま、ご入会頂くことができます。できましたら現会員の方は、正会員でご入会、登録をお願い申し上げます。

・新規にご希望の方は、お申込みの際、元「健康保養地医学研究会」(平成20年度会員)の推薦が必要となります。またお申込み後、理事会にて審議を行います。

 

【2】準会員(個人・法人)

・本組織の主旨に賛同し、セミナーの聴講をご希望される方はご入会頂くことが可能です。  参加申込書をご記入の上、ご提出をお願い申し上げます。

 

【3】その他

・実践ゼミナール受講をビジターとして参加をご希望される方は、その都度、参加申込書にご記入をいただき、ご提出をお願い申し上げます。

 

※入会を希望される方は以下の申し込み用紙にご記入後、Eメールに添付してお送り下さい。

一般社団法人正会員申込書(doc形式 28.5KB)

準会員(個人)申込書(doc形式 28.0KB)

準会員(法人)申込書(doc形式 32.0KB)

実践ゼミナール受講ビジター申込書(doc形式 28.0KB)

 

5) 料金制度:

【1】正会員

 

【2】準会員

※法人会員は、2名登録式とし、各1名につき1名までの代理人登録も受け付け致します。

 

【3】その他(実践ゼミナール受講ビジター)

 

6) その他の制度:

DVD制度

2009年度までの阿岸ゼミナール資料


このページの先頭へ